電話かけながらPCを使っている男性
  • ホーム
  • 仕入れ不要の無在庫ネットショップの仕組みとは?

仕入れ不要の無在庫ネットショップの仕組みとは?

注目が集まっている商売のスタイルとして無在庫ネットショップがあります。これはその名の通り、在庫を一切抱えずに営業するネットショップのことを言います。在庫を抱えないということは売れ残ることがないということなので、非常に低いリスクで運営を行うことができます。無在庫ネットショッピングの仕組みは簡単であり、商品の注文があってから仕入れます。仕入れをゆっくり行ってしまうとお客さんに届くまでに非常に長い時間がかかってしまうことになります。そこで仕入れのシステムを効率化し、注文があってから仕入れているにも関わらずすぐに商品を用意できる仕組みにすることが大切です。

無在庫ネットショップでは扱える商品がそれほど多くないケースもあります。あまりにも商品を多く扱っていると仕入れに時間がかかりやすくなるからです。トップセラーをはっきりさせ、お客さんが購入しやすいものに絞って販売を行います。メーカーとの連携をとることも無在庫ネットショップにおいては重要です。メーカーとしても自社の製品が売れるチャンスが増えることは利点となります。無在庫ネットショップを行うのであればICHIOKU.NETを利用することも有効といえるでしょう。NETSEAも同様に便利な仕組みを持っています。雑貨や家具をメーカーから直送する仕組みにすれば仕入れる必要さえなくなります。この場合、ネットショップはメーカーとお客さんをつなぐ役割を果たしています。直送の場合は仕入れのコストがなくなるのでリスクがますます低くなります。

無在庫ネットショップを経営するためにはトップセラーとなる看板商品を生み出すことが大切です。看板商品ばかりに注文が集まれば商品を用意しやすくなります。ただし、ICHIOKU.NETやNETSEAといったサイトを利用してメーカー直送の形を作ると、多くの商品を低コストで販売できるようになっていきます。雑貨や家具の中には非常にサイズの大きいものも存在します。その場合もメーカー直送のシステムを作ることが大切です。メーカーから直接送る仕組みにしていても、お客さんとのお金のやり取りはネットショップが行うことになります。それゆえに発送上のトラブルなどが起こってしまった場合の対応もネットショップの役割となっています。発送上のミスがないようにしっかりと各メーカーと連携し、お客さんの満足度を高めていくことが非常に重要といえるでしょう。

関連記事